まーさんブログ:訪問介護ヘルパーと「研修」【川崎市の訪問介護ヘルパー(登録可)求人中!】

2020/06/11 ブログ

 毎日暑い日が続いていますがコロナに負けず、検温・手洗いうがいを継続しながら訪問介護に精を出しているまーさんです。

 訪問介護先のご利用者もみなさん元気で「腰が痛い」「足が痛い」とは言いながらも毎日お変わりなく過ごしているよと言われることが訪問介護ヘルパーとして何より嬉しい報告です。

 生活に変化がないということではなく、体調に変化がなく飲食ができて睡眠がしっかりとれて訪問介護ヘルパーとお話することを楽しみにしてくれているということが第一!!健康でいることがなによりです!!

 それと同時に訪問介護ヘルパーの健康も大事です!!当社の訪問介護ヘルパーはみんな元気いっぱいです!誰よりも忙しく動いている管理者が一番元気です(^^)/訪問介護先や介護タクシーのご利用者からも「社長はいつも元気ね」と言われるので、まーさんも負けてられないと体調管理に気を付け、他のスタッフさんにも声掛けしてみんなで頑張っています!

 


 

  ここ数週間、この間お知らせした行動援護の研修に、仕事の合間を縫って行ってきました。

ヘルパー、介護福祉士、ケアマネジャーなどの勉強をしてきたまーさんですが、障がいを持った方のことを勉強する試験はなくあまりじっくり向き合うことがありませんでした。

 今回研修をうけ、障がいを持った方の生活や習性、気持ちなどを学ぶことができて「介護」に対する考え方を改めて見直すきっかけになりました。当社では高齢者だけでなく障害を持った方のための「障害福祉サービス」もサービス提供しています。障害を持った方のご自宅に行って入浴や食事、排泄の介助等を行います。

 体が不自由なだけでなく、気持ちが伝わらず不自由な思いをしている方(障害を持っている方も高齢者も)のサポートをするには、まずそのご利用者の気持ちになって考える。自分とは違うからという固定概念はやめる。ヘルパー主体ではなく相手が望んでいることをサポートする。言葉にすると当たり前のことなのですが、実際にご利用者と接するとなかなかできていないことが多くあります。

 高齢だから、障がいがあるからという区別はせずに、健康な人への接し方と同じように接することができる訪問介護ヘルパーでいたいと改めて思うことができた、とても勉強になる研修を受けることができました。

 ご利用者やご家族、スタッフみんなで共有できる知識を得たまーさんはひとつレベルアップしました(^^♪

 


 

 最近ふるやまケアサービスの求人募集へのお問い合わせが増えています(^^♪

それもこれもブログでしつこいぐらい求人募集のお知らせをしている成果だと思っています!

「資格がないけど興味がある」「週2-3ぐらいで働きたい」「今働いているところよりも稼ぎたい」「行動援護をやってみたい」などいろいろなお問い合わせがあります。

 まずはお問い合わせください!求人募集は今よりもいい状態で働くこと前提でのお問い合わせです!

 給与、休み、待遇、職種問わず、まずはご希望をお聞かせください!!

 まだまだふるやまケアサービス、求人募集中です(^^)/

 

川崎市宮前区で訪問介護、介護タクシー、移動支援&行動援護

ふるやまケアサービス