介護職員処遇改善加算について ※川崎市宮前区近辺在住のヘルパー、運転手求人募集中!

2019/06/08 ブログ
ロゴ

みなさま、こんばんは。

川崎市宮前区神木本町にあるふるやまケアサービスの古山です。

6月に入り関東でも梅雨入りしたようですね。とはいえ、今日は雨も降らずに宮前区は暑い一日でした。

あじさいもきれいに咲いており、宮前区内や多摩区長尾にある妙楽寺(通称あじさい寺)のあじさいも見ごろです!毎年6月の第3日曜日に境内において「長尾の里 あじさいまつり」が開催されるそうなのでお近くにお住まいの方はぜひ足を運んでみてください!!

 

本日は処遇改善加算についてお話をします。

ふるやまケアサービスでは令和元年6月より介護職員処遇改善加算Ⅱを新たに算定することになりました。

 

まず「介護職員処遇改善加算」とは、介護職員が安定して働くことができるよう、利用料とは別に加算をつけ、そのお金を環境整備や賃金改善に充てることを目的とした加算です。(厚生労働省)

加算を取得した事業者は、介護職員の研修機会や雇用管理の改善などとともに、介護職員処遇改善加算の算定額に相当する賃金の改善を実施する必要があります。

 

かんたんにいうと、利用者様から少しだけご負担いただいたお金を介護職員にあてることで、利用者様へのサービス向上や人材不足改善につながるわけなのです!

 

ふるやまケアサービスが取得する介護職員処遇改善加算Ⅱは、訪問介護月額利用料の10%が加算されます。この加算があることでふるやまケアサービスにスタッフが増え、働きやすい環境を作り、皆様へのサービス向上となるよう努めていきます。

 

介護職員処遇改善加算Ⅱを新たに取得したふるやまケアサービスでは、宮前区、多摩区、高津区近辺にお住いのヘルパー、介護タクシー運転手を求人募集しています。ご連絡お待ちしています!!